★ぎやまん通販企画へようこそ!★
 
 

イベントでぎやまん製品を買うのもいいけど、
自分の好きなキャラのグッズがもっとほしいんだ!

という意志のはっきりした方々にお送りするオーダーメイド企画、
それがぎやまん通販企画。

「僕の好きなキャラで僕専用の新刊1冊作ってください」って言えることはなくても、 ぎやまん亭なら、君の好きなキャラで君専用のグッズを作っちゃえるんだぜ!

 

■ちょっとお値段が張りますが、実は割安!
このオーダーメイドの通販企画はマニアックなキャラが好きな方や、
普段ぎやまん亭が取り組まないジャンルが好きな方には、特に朗報なシステムなのです。

「どうしてもあのキャラでガラスグッズが欲しい、でも普段のイベントグッズでは出ない」
「それならいっそ、オーダーしようかな」 というアナタ。

ぎやまん亭ではオーダーメイドも受けていますが、ちょっと聞いて。
普通にフルオーダーだと、 いつものグッズでの「原材料+彫り加工料」のほかに
「原画料+原版作成料(大体10000〜20000円ぐらい)」が掛かります。
コレは、1個彫るにも100個彫るにも必ず必要となる固定費ですので、
「1個だけでいいんだけど…」というアナタにはかなり大きな負担ですよね。

しかし!このHP通販企画ならば!

★原画料と原版作成料が、商品価格の中に含まれてしまってる!
(ていうかほとんどない)

★しかも、普段より上質・珍しい形のガラス素材を使っている!

あとは、キミの好きなキャラの名前を書いて注文すれば、
レアなキャラでもガラスグッズになってお家に届くのであります!

この企画が「GYANG会員限定」なのも、本当に世界に1個のグッズをたった一人のために作るからには 「ひやかし絶対おことわり」だからです。

 
資料編●通販企画のあゆみ
年号 イベントタイトル 概要等
2001 第一回クリスマス企画 イベントタイトル忘れた…。クリスタル製品をズラリとりそろえ、やたら気合はいってた。服装はサンタ服アレンジ。
2002 セピア色の卒業式 ブラウンのグラスに袴姿やらセーラー服やら
ああっ乙姫さまっ! 七夕ですな。全員違うデザインの乙姫の衣装を着ていた。今考えるとスゴイな。
Holy Angel クリスマス企画。みんな天使さまだった。
2003 ぎやまん幼稚園・ろりぃな卒園式&入学式 HPが突然消えてしまい、郵送で案内を送ったが、イベントタイトルが封筒からスケてた(汗)
ぎやまんビーチコンテスト2003 ポイント競争*はここから始まった。
スク水に着替えさせることができた。
▲グランプリ 舞 角皿
ぎやまん亭国立劇場・大演劇文化祭 コンテスト団体戦。Kanon組「白雪姫と7人の小人たち」が圧勝だった。
クリスマスだよ!全員集合 クリスマスパーティのカクテルドレス姿。
キャラ選抜アンケートを導入。
2004 イー人事・イー人事 祝ご就職、てなわけで、職業系制服バイキング着替え方式を導入。ちょっとわかりづらかったかも。
ぎやまんビーチコンテスト2004

▲準グランプリ・佐祐理 大ジョッキ
新人戦と銘うった水着企画第2弾。『今日、熱中症で死ぬかも…』と思いながら彫った。

▲グランプリ・舞 ハイボール
恋人でサンタクロース ポイントバトルにてついにレンが舞の牙城を崩す
2005 巫女だ晴着だ正月特集

タイトルそのまんまで。プチグラスの巫女だ晴着だ。

春の観桜会〜花見で一杯〜 桜前線にすっかりおいてきぼりにされ…。
「商品が届いてからびっくりした」という声が多かった。フフフ
ギャラリー・GYANG 入札形式の色紙オークション。その枚数35枚。
様子見で落札を逃した人が多かった?
ぎやまん海岸夏フェスティバル

▲準グランプリ・千鶴 大皿
昼は水着、夜は浴衣で花火デート、という脳内天国を
ぞんぶんに味わってもらえたかな。

▲グランプリ・舞 インチミラー
ギャラリー・GYANG第2回 枚数は少なめだったものの、GYANG同士のガチンコ入札バトルが見れて楽しかったなあ〜
クリスマス・デート

クリスマスの日のデートコースを選ぶ、というロマンいっぱいいっぱい企画。
「今夜は帰さないぜ?!」

2006 GTB特選春萌えツアー あの娘と旅する春休み

イギリスでメイド服着せたり、スペインでフラメンコ衣装を着せたり、あるいは奈良で鹿に囲まれたり。チケットはちょっと凝ってみましたよ。

第1回G-1サマーコンテスト
▲グランプリ 千鶴 ガラストレイ 
G-1は、「ぎやワン」と読みます。水着柄のほかに、
浴衣柄が2バージョンという太っ腹設定だった。

▲準グランプリ・楓 インチミラー
色紙げっちゅ・ファミレス制服編 全員が「ラブリーキッチンぎやまん亭」のウエイトレス制服を着ていて、店長さん達が自分の店にスカウトするというシチュエーションでの色紙オークション。入札額が「給与」になっていて、いろんなオモシロ手当を考えてもらった。
クリスマス・デート2006 デートコース内に、「ガン○ムミュージアム」を入れたら、クリスマスとは無関係な方向性でやたら盛り上がっていた。
2007 色紙deカーテンコール 今までの色紙オークションで落札されなかった色紙の敗者復活戦。
インチミラーオークション 2002年レヴォ限定とかのインチミラーも出ましたよ。
第二回 G-1グランプリ フリースタイル部門を新設。なんかもう夏とか関係なくね?というノリノりぶり
クリスマス・デート 2007 デートの行く先は、魔法少女ライブにガン○ムミュージアム。なんかもうクリスマスとか関係なくね?という熱狂振り。
2008 ギャラリー・GYANG第3回

色紙げっちゅ・ファミレス制服編の給与式入札システムを踏襲。 自画像とみせかけた顔写真で、闇の萌え工作員をスカウトする、というゴルゴ13チックなシチュエーションだった。…俺の後ろに立つな!

第三回 G-1グランプリ バカラをほっちまいました。!
バトル結果は黒レンとリインツヴァイの人外ロリ対決。ツヴァイ勝利。
ツヴァイにはやてのバリアジャケットを着せるというGJなチョイス
クリスマス・デート2008 ロブマイヤーをほっちまいました!
2009 第4回 G-1グランプリ


▲見よこの自由度の高さ!
「このキャラにこのコスを」妄想を具現化するパワーこそが
通販企画の魅力
(フランドール:ロリガード)

クリスマス・デート2009 鎧とかメカとか武将とかイロモノとかを異様に描いてた気がする……
2010 第5回 G-1グランプリ  
2010 クリスマス・デート2010 ヤンデレとか描いてた気がする……
2011 G-Summer FES 2011 秋収祭とかもありました。
  クリスマス・デート2011  
2012 春のセクレタリーフェア 秘書を雇用する、というコンセプトの色紙オークション
  2012 Giyaman Summer fair
  オータムジャンボリー オーダーの色紙企画あり、お米販売あり、とかの試み。
  クリスマス・デート2012  
2013 春花宴2013 花柄で華々しく。6年ぶりの春企画でしたが意表を突きすぎた?
  2013 Giyaman Summer fair  

ポイントバトル*キャラ武勇伝●
HP通販企画でいうポイントとは、
グッズごとにポイントが設定してあって、オーダーが入るごとにキャラ別に加算されていく人気ポイントでありました。
企画が終わるころには最人気キャラがわかるという「ぎやまん式キャラ人気投票」。
浮き沈みの激しい世間のキャラ人気投票とは全く違う結果が出るのがぎやまんらしい。

川澄 舞 (Kanon)
2003年夏のポイントバトル導入以来、「幾度の企画を越えて不敗、ただの一度も転落はなく…」という、
ぎやまん亭内最強の萌えキャラ女王。
というのも、彼女を強力に指示しつづける3人の漢がおり、本部内では彼らを「舞の三連星」 と呼んでいる。
誰がガイアで誰がマッシュで誰がオルテガでなのかはさておき。
柏木 千鶴(痕)
「萌え」ではなくその愛はもはや「信仰」。初期の企画から現在に至るまでゆるぎなく、迷い無く
ずううっとあがめられ続けてきた。 舞がぎやまん最強の萌え女王ならば、彼女は唯一無二の鬼女神。

2006年夏のG-1でそれを証明してみせた。
レン (月姫)
2003夏のビールジョッキクイーン。総合ポイントではKanon組に及ばなかったものの、大ジョッキ部門賞
というのがあったなら、 彼女がダントツ1位であった。みんなに愛されるレン。
そしてついに2004年クリスマスで首位に立つ!
里村 茜 (ONE)
毎回欠かさず企画に出席、無遅刻無欠勤。夏企画では日傘や帽子で紫外線を完全にカットし、その美白を保っている。
ちなみにキャラ名で画像のファイル管理をしているので、毎回先頭にいらっしゃる。
倉田佐祐理 (kanon)
着順予想ならば「舞・佐祐理はガチガチの鉄板」と(私に)いわしめるほどの安定馬。2004夏企画では、
中盤まで舞を抑えており、下克上なるかと思われたが、最後の最後にさされてしまった。
来栖川 芹香 (ToHerat)
夏でも冬でもメガトロン。モナリザ以上の謎の微笑みは、毎回原画師を恐怖のどん底に陥れる。セレブレティ+ダイナマイツボディだけならば叶美香級。世にお嬢様キャラは数多けれど、それに天然がつくと手がつけられねぇ。
美坂 栞 (kanon)
2003夏企画第3位。この夏はKanon一色(カノンイーソー)で、圧倒的強さを顕示した。
そういえば2003秋企画の団体戦も、Kanon組が優勝だった。
マジカルアンバー (月姫)
あえて「琥珀」ではないところがポイント。2003年クリスマス企画にて、名簿外からAランク指定で
出場を果たし、気がつけばなにげにポイントを稼いでいたおそるべき女。
神崎 那美 (とらいあんぐるハート3)
熱く都築作品をプッシュしつづけるぎやまん亭内とらハ班班長のイチオシ。彼女がその巫女パワーで今のぎやまん亭リリカルなのは新勢力を導いたといって過言ではない。おそるべし巫女。
霧雨 魔理沙 (東方プロジェクト)
「弾幕はパワーだぜ」の言葉どおり、ものすごい程度の魔法使いパワーでぎやまん亭内に弾幕少女がなだれ込む突破口を開いた。

水瀬 秋子 (Kanon)
ぎやまんには、エントリーキャラの名前を見なくても、エントリーしてきたGYANG会員のハンドルネームを見ればキャラが一目瞭然というケースがいくつかあるのですが、秋子さんはその筆頭。

セリオHMX-13 (ToHerat)
ぎやまんには、エントリーキャラの名前を見なくても、エントリーしてきたGYANG会員のハンドルネームを見ればキャラが一目瞭然というケースがいくつかあるのですが、セリオもその代表。
鈴仙・優曇華院・イナバ (東方永夜抄)
ポイント制がなくなってからの常連。うちのうどんげはちょっとお胸がおおきめだぜ。
江田島平八 (男塾)
よほどばあやんは塾長が好きなのだなと皆に思われてますが、エントリーされとるんじゃ。エントリー。まあ、こういうのを描いている瞬間のばあやんはとても輝いているとも言われますけど、何か。